ショパン:マズルカ 第9番 ハ長調 作品7-5

♪今日の試聴BGM♪

ショパン作曲:マズルカ 第9番 ハ長調 作品7-5 by Tomoro




Chopin : Mazurka No.9 in C major Op.7-5 /Tomoro
● 作曲年:1832年
● 出版年:1832年
● 献呈者:ポール・エミール・ジョーンズ氏


 【ジャンル解説】
マズルカは、ショパンの祖国ポーランドの民族舞踏の一種です。
中部マゾフシェ地方の快活なマズル、
西部クヤヴィ地方のゆったりしたクヤヴィアク、
南部シロンスク地方の急速なオベレク、
の三つに分類され、主に農民によって踊り継がれてきました。

ショパンのマズルカは、それら三つの要素を巧みに融合させながら、独創的で芸術性の高い作品に仕上げられています。


 【作品解説】
《マズルカ 第9番》は、《5つのマズルカ 作品7》として出版された中の第5曲目です。
なお、最新のナショナル・エディション(エキエル版)では、この曲は《作品6》の第5曲目として収録されており、したがってこの曲が《マズルカ 第5番》になっています。
これは、フランス版初版の編集に則ったものだそうで、現在一般的になっているのはドイツ版による編集で、フランス版初版では《5つのマズルカ 作品6》と《4つのマズルカ 作品7》になっており、要するにショパン自身がパリで直接出版者と交渉した際の編集がそうだったのだから、これこそがショパンの意思だったはずだと、エキエルはそう解釈したのだそうです。


このマズルカは、ショパンがパリ時代の1832年(※当時23歳)に書かれ、同年に出版されました。
ショパンのマズルカの中で一番短く、まるで書きかけのスケッチのような曲ですが、かと言って、これに続く展開を想像する事もできず、きちんと一曲として成立してしまっているから不思議です。
たとえば、仮にこれがプレリュード集に収められていたとしても、おそらく違和感がなかったかもしれない、そんなタイプの作品です。


この曲には、他に2種類の別バージョンがあります。
音符自体はどれも一緒ですが、楽曲構成が違っています。
一つは、主部の繰り返しが一回多いもの。
もう一つは、序奏の左手オクターブが曲の最後にも付け加えられていて、尚且つペダルを使用していないもの。

以下が後者のバージョンです。




Chopin : Mazurka No.9 in C major Op.7-5 (other version) /Tomoro

こちらの終わり方も悪くないですね。
【訂正とお詫び】 これらのバージョン違いについて、コメント欄にてご質問を頂きました。ご指摘の通り、これは完全に私の初歩的な誤りです。昔、様々なピアニスト達の演奏を聴き比べていた頃に「耳から入った知識」を、楽譜による版違いがあるかのように思い違いしたまま本稿を執筆してしまいました。この曲をどのような楽曲構成(リピートの回数、あるいは終わり方)で演奏するかは、演奏者それぞれの解釈に委ねられており、それゆえに生じる「様々な解釈の違い」としてこの作品を紹介し、論ずるべきでした。
したがいまして、その趣旨をもって上記の記事を全面的に訂正すると共に、読者の方々に対しまして心からお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。
そして、ご指摘くださったnao様には心よりお礼を申し上げます。どうも有り難うございました。



ちなみに、《作品7》のマズルカを献呈されたポール・エミール・ジョーンズ(Paul Emile Johns 1798-1860)は、クラクフ生まれのピアニスト兼作曲家で、アメリカで初めてベートーヴェンのピアノ協奏曲を演奏した功績で知られています。それは1819年のニューオーリンズにおいてでした。
それででしょうか、ショパンは《作品7》を彼に献呈する際に、“ラ・ヌーヴェル・オルレアン(フランス語でニューオーリンズ)のジョーンズ氏へ”と書き添えています。
ジョーンズはウィーンで音楽を学び、1831年から1834年の間、パリでプレイエルと共同でピアノ曲を出版したりしていて、その頃にショパンと知り合い、友人になりました。
彼はショパン作品の演奏でも知られ、後に、カナダやアメリカの都市でショパンを演奏するピアニスト達は、しばしば彼と比較されたそうです。


ちなみに私は、謎とされているショパンの生年月日に関しては、「1809年3月1日」説を採っております(※その根拠はこちらで)。
なので、本稿ではそれに則ってショパンの年齢を数えています。


Copyright © Tomoro. All Rights Reserved.

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ショパン: マズルカ集/ヘンレ社原典版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nao
2013年06月19日 04:49
その2種類あるという別バージョンの後者の方、異稿として楽譜があるのでしょうか?私はピアニストが勝手に付け加えているのだと思ってましたが。
あと前者の方、この曲は譜面の末尾に「senza fine」(終わりは無い)と記されてあり、ダル・セーニョのリピートを何回繰り返すかは演奏者に完全に委ねられていると思うのですが…(ほとんどの演奏は2回まででやめていますが、3回弾いている演奏も録音で聴いたことがあります。ピアニストの裁量だと思っていましたが)。
トモロー
2013年06月19日 13:21
nao様へ。
ご指摘、どうも有難うございます。
あなた様の仰るとおりです。
これは完全に私の初歩的な間違いです。
ですので、記事の本文中に訂正とお詫びを追記させていただく事にしました。
無知なロック馬鹿がショパンへの愛から無謀にも始めたブログゆえ(だからこそ先入観のない別の視点から何かショパンについて語れそうだと思いまして…)、この手の誤りは今後も耐えないのではないかと思われます。
日々、恥をかきながら勉強し直して精進していきたいと思っておりますので(←私の人生は正にその繰り返しですから…)、何かお気づきの時には、またご教示いただければ幸いに存じます。
nao
2013年06月20日 14:32
ショパンに関する書簡等の文献資料について、トモローさんほどの見識の持ち主は恐らく他にいないと思います。
こちらのブログ記事も、ゆくゆくは新たなショパン伝としてまとめられるべきものと思います。
だからしっかりしてください。
トモロー
2013年06月20日 15:01
nao様へ。
面目ございません。
真の意味での叱咤激励、書き手としてこれほど胸に沁みるものはございません(涙…)。
よーし、がんばるぞーっ!(笑)。

※ちなみに、「絶えない」が「耐えない」になってますね(トホホ…)。

この記事へのトラックバック