モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調(トルコ行進曲付き)K.331

♪今日の試聴BGM♪

モーツァルト作曲:ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調(トルコ行進曲付き)K.331 by Tomoro
Mozart : Sonate für Klavier Nr.11 A-Dur K.331 /Tomoro

第1楽章 変奏曲 アンダンテ・グラツィオーソ by Tomoro




Mov.1 Theme and variations-Andante grazioso /Tomoro

第2楽章 メヌエット by Tomoro




Mov.2 Menuetto /Tomoro

第3楽章 トルコ行進曲 アレグレット by Tomoro




Mov.3 Alla Turca-Allegretto /Tomoro

● 作曲年:1783年頃
● 出版年:1784年
● 献呈者:なし


 【ジャンル解説】
ソナタは、バロック時代までは単に器楽曲を意味していましたが、古典派時代以降に音楽形式を伴って発展し、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンらによって完成されました。
基本的に、3~4つの複数楽章からなり、主に第一楽章にソナタ形式が用いられます。
ソナタ形式とは、提示部、展開部、再現部で構成され、提示部には基本的に2つの主題が提示されます。
また、規模の大きな作品では、序奏部や終結部を伴う事もあります。


 【作品解説】
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart 1756-1791)は、ピアノ・ソナタを18曲(他に、「四手のための」を6曲、「2台ピアノのための」を1曲)残していますが、中でもこの《第11番》は、第3楽章のトルコ行進曲によって最も有名です。
ただ、楽譜には特に「トルコ行進曲」という記載はなく、第3楽章の冒頭に「Alla Turca(トルコ風)」と書かれているだけで、その曲調が軍楽行進曲風であることからこの名で知られるようになりました。
モーツァルトのトルコ行進曲(トルコマーチ)は抜粋で取り扱われる事も非常に多く、ベートーヴェンの《エリーゼのために》と並んで、ピアノ学習者が最初の目標に掲げるほど人気があり、これらが弾きたくてピアノを始めたと言う人も少なくはありません。
むしろ単独作品としてあまりにも有名なため、一般の人には、ソナタの一部としてはあまり知られていないかもしれません。

作曲年については、ずっとパリ時代の1778年頃とされてきましたが、最近では、ウィーンもしくはザルツブルク時代の1784年頃という説が有力です。

《第11番》は3楽章から成っていますが、古典派のソナタには珍しく、ソナタ形式の楽章を一つも含んでいないという点が特徴的です。
本来であれば第1楽章がソナタ形式で書かれるのですが、モーツァルトはそれを変奏曲にしており、続いて舞踏楽章、最後に行進曲と、これは当時としては非常に野心的な試みとなっています。
また、第2楽章のメヌエットがスケルツォ的な性格を有している点も、時代を先取りした、見逃せない特徴の一つだと言えます。

このように、性格的小品を取り入れて組曲風にソナタを構成するという考え方は、のちのベートーヴェンにも多大な影響を与えたと考えられ、彼は《ピアノ・ソナタ 第12番 変イ長調 作品26「葬送」》において、変奏曲、舞踏楽章(スケルツォ)、行進曲(『ある英雄の死を悼む葬送行進曲』)、フィナーレという、やはりソナタ形式を一つも含まない構成で野心的なソナタを試み、そしてそれが更にのちのショパンの《ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35(葬送行進曲付き)》へと連なっていきます。
こうして見ていくと、ショパンの《葬送ソナタ》について、その形式の不備を指摘して批判する事がいかに的外れであるかが分かるでしょう。

尚、本稿では、モーツァルトの《ピアノ・ソナタ 第11番》の第1楽章・変奏曲については、リピート記号の指示にそのまま従うのはあまりにも冗長であると感じられるため、リピート記号はすべて省略してお送りしております。

参考楽曲:オスマン帝国(トルコ)の軍楽隊の音楽「ジェッディン・デデン」


Copyright © Tomoro. All Rights Reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

日菜子
2014年07月03日 19:28
この曲の(トルコ行進曲)の特徴をしえてください
トモロー
2014年07月05日 10:11
日菜子様へ
コメントどうも有難うございます。
モーツァルトが「トルコ風」の曲を書いたのは、当時ヨーロッパでオスマン帝国(トルコ)の軍楽隊の音楽(メフテル)が流行していたという背景があったからだそうです。メフテルの代表的なものとして「ジェッディン・デデン(CEDDİN DEDEN)」という曲がありますが、有名なのでどこかで耳にした事があるのではないでしょうか(参考までに聴けるよう本文にリンクを貼っておきました)。この独特な感じが正に「トルコ風」で、モーツァルトの作品にもそれがよく出ているのではないかと思います。リズム的にも、一般的な「トルコ行進曲」のリズム「ズンチャ、ズンチャ、ズンズンズンチャ、」がピアノ左手の伴奏形に反映されており、これらの点がモーツァルトの、ひいては一般的な「トルコ行進曲」の特徴であると言えます。もう一つ、モーツァルトの「トルコ行進曲」の特徴としては、ロンド形式(A B A C A…)で書かれている点が挙げられます…と、こんな感じの説明でよろしかったでしょうか。

この記事へのトラックバック