ショパンの作品を鑑賞する

アクセスカウンタ

zoom RSS ショパン:練習曲 第6番 変ホ短調 作品10-6

<<   作成日時 : 2013/05/21 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

♪今日の試聴BGM♪

ショパン作曲:練習曲 第6番 変ホ短調 作品10-6 by Tomoro




Chopin : Étude No.6 in E♭ minor Op.10-6 /Tomoro

● 作曲年:1833年
● 出版年:1833年
● 献呈者:フランツ・リスト

 【ジャンル解説】
練習曲(エチュード)は、その名の通り、楽器の演奏技術を習得する手助けとなるように考慮された音楽作品です。
一口に練習曲と言っても、これには大きく分けて3種類あると言えます。

  1. 《ハノン》(シャルル=ルイ・アノン:Charles-Louis Hanon, 1819−1900)に代表されるような、機械的な運指の反復練習のみに特化して、楽曲としての体裁を成していないもの。
  2. 《ツェルニー》(カール・チェルニー:Carl Czerny, 1791−1857)に代表されるような、一応楽曲としての体裁は成しているものの、あくまでも練習曲であって演奏会で弾く事を目的としないもの。
  3. 《ショパン》や《リスト》(フランツ・リスト:Franz Liszt, 1811−1886)に代表されるような、プロが演奏会で弾く事を前提に、最高度の演奏技術を要求すると共に性格的小品としての芸術性をも兼ね備えたもの。


 【作品解説】
ショパンの《練習曲 第6番 変ホ短調》は、《12の練習曲 作品10》の第6曲目です。
ノクターンを思わせるようなメランコリックな曲ですが、主旋律を奏でる高音部と、絶えず8分音符が動く内声部と、低音部の3部からなる、多声部のための練習曲です。


さて、今回からはシリーズで、この《12の練習曲 作品10》を献呈されたリストについて、ショパンとの比較を交えながら書いてみたいと思います。


リストの国籍については色々と言われてはいますが、本人ははっきり自分をハンガリー人だと言っています。
当時のハンガリーはハプスブルグ家の支配下にあり、かつてはオスマントルコなどに分割支配されていた事もありますから、ショパンの祖国ポーランドがロシア、オーストリア、プロイセンに分割支配されていたのと、歴史的に似通ったところがあります。
音楽的な意味でも、彼ら以前にはまだ両国からは世界的な音楽家が輩出されていなかったので、共に発展途上国だったという点でも共通しています。

リストは、ハンガリーの西端に位置するドボルヤーン(現在のオーストリア領ライディング)と言う寒村に、一人っ子として生まれ育ちました。
平民出身で片田舎に生まれたと言う点ではショパンと同じですが、ショパンが姉一人妹二人の四人兄弟(姉弟?兄妹?)だったのとは対照的ですね。
ドボルヤーンは当時、ハンガリーの大貴族エステルハージ公爵の所領で、エステルハージ家は、ハイドンのパトロンとしても知られる非常に音楽に造詣の深い家系でした。

リストの曾祖父セバスチャンはドイツ系移民の小作人でしたが、祖父ゲオルクは学校の教師などをしながらピアノやヴァイオリンなども演奏していたそうです。
父アダムはエステルハージ家に仕える役人で、かつてハイドンが楽長を勤めていた宮廷楽団でチェロ奏者を勤めていたと云われており、そうするとアダムは、ハイドンの後任であるフンメル(モーツァルトの弟子)の下で演奏していた事になるそうです。アダムはアマチュアながらも、優れた腕前を持っていたと云われています。
ショパン家も、父ニコラがフランスからの移民で、祖父の代にはぶどう園も営んでいたので、その辺の家系的事情は似通っています。ただし、ニコラは単なるフランス語の教師で、楽器演奏には精通していませんでしたから(※フルートやヴァイオリンが巧かったというのは後世の作り話です。その詳細についてはこちらで)、その意味では、リストの方は音楽家になるべくしてなったような、そんな環境に生まれたと言ってもいいでしょう。

ちなみにリストが生まれた時、リスト家はまだ、その綴りを「List」としていた事が彼の出生証書から分かっています。
これは、彼らの先祖がドイツ人だったからなのですが、しかしそのままだと「リシュト」と発音されてしまう事から、ハンガリー的に「Liszt」と綴るようにしたのだそうです。
この点はショパン家とは逆ですね。ショパンの場合、「Chopin」と綴ってそれを「ショパン」と発音するのは、それが典型的なフランス名であるからなのですが、ポーランドでは、そのままだと「ショペン」(あるいは「ホペン」)と発音される事から、しばしばポーランド的に「Szopen」と綴られたりする事があるのです。しかし、当の本人達がその綴りを用いようとした事はただの一度もありません。

リストの両親は共にドイツ語を話し、当時ハプスブルグ家がハンガリーのドイツ化を推し進めていた事から、学校教育もドイツ語で行なわれていました。そのためリストは、ドイツ語しか話せないままハンガリー時代の少年期を過ごしたのです。
しかしながら、当時のハンガリーには移民が多く、純粋なハンガリー人は全人口の半分以下でしかありませんでしたから、ハンガリー人のリストがハンガリー語を話せなかったとしても、それは別に珍しい事でも何でもありませんでした。そのような例は、当時においては何処の国でもよくある事なのです。
したがって、それをもってリストがハンガリー人である事に疑問を呈するのは、その国の歴史的事情についての理解が不足しているからなのかもしれません。


続く…

Copyright © Tomoro. All Rights Reserved.

CD付 作曲家ダイジェスト リスト
学習研究社 音楽出版事業部
堀内 みさ ・ 山本 一太
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by CD付 作曲家ダイジェスト リスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リスト (作曲家・人と作品シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ショパン:練習曲 第6番 変ホ短調 作品10-6 ショパンの作品を鑑賞する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる